ドメイン取得無料、Wordpress(ワードプレス)インストール無料レンタルサーバーはサブロクサーバー 各種CMS対応Wordpress,EC-CUBE,ZenCart)

Windows Liveメール

WindowLiveメールの設定方法は以下の通りです。
当設定はサンプルメールとしまして、「samplemail@360server.jp」というメールを設定する方法を記載しますので、設定の際ご参考下さい。

  1. WindowsLiveメールを起動する。
  2. 「ツール(T)」内にある「アカウント」をクリック
  3. 「追加(A)」をクリック
  4. 「電子メールアカウント」を選択し「次へ」をクリック
  5. 以下項目を入力、設定して「次へ」をクリック
    (1)電子メールアドレス:ここへ管理画面にて作成したアドレスを入力します。
    例:samplemail@360server.jp
    (2)パスワード:作成した際に設定したパスワードを入力します。
    「パスワードを保存する」へのチェックは自由です。
    (3)表示名:ここは送信した際に相手に表示される名前を設定します。
    (4)電子メールアカウントサーバー設定を手動で構成するにチェック
  6. 受信、送信サーバーの設定をし「次へ」をクリック
    以下を参考に項目を設定して下さい。
    【受信サーバー】
    (1)受信メールサーバーの種類:POP3
    (2)受信サーバー:www.360server.jp
    (3)ポート:110
    (4)このサーバーはセキュリティで保護された接続が必要:チェックなし
    (5)ログインに使用する認証:クリアテキスト認証
    (6)ログインID:samplemail@360server.jp ※備考1
    【送信サーバー】
    (1)送信サーバー:www.360server.jp
    (2)ポート:25 ※備考2
    (3)このサーバーはセキュリティで保護された接続が必要:チェックなし
    (4)送信サーバーは認証が必要:チェックなし
  7. 既定のメールアカウント設定
    ここの箇所へチェックを入れると、常時このアカウントを利用しメールを送信します。
    複数のメールアカウントを利用する際は、便利です。
  8. 設定完了

(備考1)
ログインIDは初期設定ではアカウント名のみ今回の場合ですと「samplemail」のみ
表示されていますが、アカウント名の後に続きドメイン名も入力して下さい。

(備考2)
プロバイダーが迷惑メールの送信を防止するため「Outbound Port25 Blocking」を採用している場合、プロバイダーの送信サーバー以外からはメールの送信が出来ません。
ポート番号「587」を設定し再度送信テストを行うか、お手数ですが、現在ご利用中のプロバイダーまでお問い合わせ頂けますようお願いします。

設定マニュアル一覧へ

その他のメールソフト設定