国や地域の場所を確認できる特設Webサイトで更に理解しやすく –

株式会社日本レジストリサービス(以下JPRS、本社:東京都千代田区、代表取締役社長 東田幸樹)は、このたびインターネットに関する教育支援活動の一環として制作した、国別トップレベルドメイン(ccTLD:Country Code Top Level Domain)を一覧にしたポスター「2020 世界ドメイン紀行」を、全国の中学校・高等学校・高等専門学校など教育機関を対象に無償で配布します。

この取り組みは、生徒たちが日常的に利用していながら、普段あまり意識することのないccTLDについて、ポスターというツールを用いて理解を深めてもらうことを目的に実施するものです。

いまや若年層においてもインターネットの利用は当たり前のこととなりましたが、その基盤を支えるドメイン名やDNSについて知る機会や、学ぶための教材は十分ではありません。今回配布するポスターは、ccTLDが割り当てられた国や地域の名前とエピソードを、ccTLDを表す2文字と共に掲載し、楽しみながら学べるものとなっています。

JPRS日本レジストリサービスより

Tags:

Comments are closed