ドメイン取得無料、Wordpress(ワードプレス)インストール無料レンタルサーバーはサブロクサーバー 各種CMS対応Wordpress,EC-CUBE,ZenCart)

Zencart(ゼンカート)の設置方法

Zencart(ゼンカート)の設置方法は以下の通りです。
なお、設置には、データベースの作成が必須となります。

→ データベースの作成方法はこちら

【Zencartの設置方法】

  1. Zencart(ゼンカート)をダウンロードし解凍します。
  2. 解凍後、フォルダ内のデータ全てをサーバーへアップロードします。
  3. アップロード完了後、ブラウザにてアクセスします。
  4. アクセスすると自動的にセットアップページへ転送されますので、「続ける」をクリックして下さい。
  5. ライセンス規約を確認して同意していただき、「上記を確認したうえでこれに同意します。」にチェックを入れて、「続ける」をクリック
  6. 自動でシステム検査が行われますので、一番下のファイルとフォルダのパーミッションの問題点を改善し「インストール」をクリックして下さい。
    エラーが出る項目は以下の通りです。参考にし改善して下さい。
    (1) includes/configre.php = 見つかりません。
    改善策:includesフォルダ内にdist-configre.phpというファイルがあるので、
    ファイル名の変更でdist-を削除して下さい。
    削除後、権限を「777」に設定して下さい。
    (2)admin/includes/configre.php = 見つかりません。
    改善策:(1)と同じように対象のフォルダに dist-configre.phpという
    ファイルがあるので、ファイル名の変更でdist-を削除して下さい。
    削除後、権限を「777」に設定して下さい。
    (3)各対象のフォルダの権限を「777」へ変更して下さい。
  7. 「システム設定の変更を保持」をクリック
  8. 「phpBBの設定を保持」をクリック
  9. データベース設定を行い「データベース設定を保持」
    設定は以下を参考にして下さい。
    データベースの設定が正しければ、データベースへZencartの設定が自動で書き込まれます。
    (1) データベースタイプ:MySQL
    (2)テーブルプレフィクス:空白でもOK
    ※zencartを複数インストールする場合や、その他CMSを
    インストールする際は、テーブルプレフィクスを設定した方が
    データベースを修正する際に認識し易くなります。
    (3)データベースホスト名:サブロクサーバーのデータベースを利用する場合は、
    「localhost」 、他社サービスのデータベースを利用する場合は、
    他社サービスのホスト名を入力して下さい。
    (4)データベースユーザー名:データベースに接続するユーザー名
    (5)データベースパスワード:データベースのユーザーパスワード
    (6) データベース名:データベース名を入力して下さい。
  10. 店舗情報を入力し、「店舗設定保持」をクリックして下さい。
  11. 管理者情報を入力し管理者アカウントの設定を行って下さい。
    入力後「管理者設定を保持」をクリックして下さい。
  12. 設置完了となります。
  13. 最後に、サーバー内の/zc_installフォルダの削除とincludes/configle.phpのユーザ権限を「755」に修正し完了となります。

設定マニュアル一覧へ

その他各種CMS設置マニュアル